文字

野鳥題材の彫刻や絵画で保護訴え 岡山・アスエコで企画展 

野鳥を題材にした彫刻や絵画が並ぶ会場

 愛鳥週間(5月10~16日)を前に、野鳥を題材にした彫刻や絵画を通じて保護を訴える企画展「野鳥の絵画とバードカービング展」が、岡山市北区下石井の環境学習センター・アスエコで開かれている。28日まで。

 岡山バードカービングクラブの会員が手掛けた彫刻56点や、岡山動物画の会のメンバーが描いた絵画13点を展示。彫刻は、ハヤブサ科のチョウゲンボウが左足でネズミを捕まえた瞬間や、キツツキ科のアカゲラが巣のひな鳥に餌を与える様子などを取り上げ、今にも動きだしそうな仕上がり。絵画は開花した桜の枝に群がるメジロ、迫力のある丸い目で見つめるフクロウ科のトラフズクなどを描いた作品が並んでいる。

 鑑賞していた女性(66)=岡山市北区=は「羽の質感まで伝わる。野山に足を運び、野鳥を観察したくなった」と話していた。

 午前10時~午後1時、同2時~6時。日曜・祝日は休み。入場無料。
カテゴリ:

【おでかけ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.