文字

地域活性化策で県と岡山市最優秀 第1回地方創生アワード

 全国の広告会社でつくる一般社団法人・日本地域広告会社協会(東京)は、自治体の優れた地域活性化策を表彰する「第1回地方創生アワード」で、最優秀賞(5事業)に岡山県と岡山市の各1事業を選んだ。

 県は2015年度、化学肥料や農薬を抑えた地元農産物を、協力店を通じてポイントシール付きで販売。シールを集めた顧客には、抽選で減農薬・肥料の農産物を提供するサービスに取り組んだ。地産地消や安全・安心な食材の普及につながると評価された。

 岡山市は16年度、市民の健康寿命を延ばし、病気も予防するための協議会を産学官で立ち上げた。健康増進に関する商品・サービスを開発するためのセミナー開催、企業や大学などの異業種間交流にも力を注いだ。

 アワードは、地方創生に寄与する先進事例を共有するため創設。今回は会員の広告会社が携わり、15、16年度に行われた207事業から選出した。優秀賞(4事業)には、天文台を観光資源とするため、土産物のアイデアを公募する浅口市の取り組みが選ばれた。
My記事保存
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.