文字

美作市職員が業務用PCでゲーム アクセス1.2万回超、停職1カ月

 美作市は30日、業務用パソコンを使って1カ月間で1万2千回以上インターネットサイトにアクセスし、ゲームをしていたとして、経済部主任の男性職員(40)を同日付で停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、職員は2月1~28日にゲームサイトに1万2308回アクセス。接続時間は29時間42分に上り、そのうち20時間以上が勤務時間内だった。

 市の情報セキュリティーチェックで判明し、職員は「仕事が一段落した後、息抜きでしていた。二度としません」と話しているという。

 萩原誠司市長は「法令順守意識の低さと管理体制の甘さを反省している。再発防止を徹底し、信頼回復に努める」とコメントした。

 市は監督責任として30日付で、経済部長と上司の課長を文書訓告とした。最高情報統括責任者の安部薫副市長は4月分の給与の10分の1を自主返納する。

 美作市では21日にも業務用パソコンを私的利用したことなどを理由に常勤監査委員を罷免している。
カテゴリ:

【事件・事故】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.