文字

天満屋女子陸上部25周年を祝う 岡山で集い、「地域に感謝」

越宗孝昌岡山陸協会長(中央)の音頭で乾杯する天満屋女子陸上部の選手、関係者ら=岡山市

 天満屋女子陸上部の「創部25周年感謝の集い」が25日、岡山市であり、岡山県内外の陸上関係者ら約120人が節目を祝った。

 天満屋の伊原木一朗社長が「オリンピック4大会で代表を輩出するなどの実績を残せたのも皆さんの支援のおかげ。ますます地域に愛され、地域に貢献できるチームを目指していく」とあいさつ。岡山陸上競技協会の越宗孝昌会長(山陽新聞社会長)の音頭で乾杯した。25年間の歩みを振り返る映像も上映され、出席者が和やかに歓談した。

 今夏の世界選手権マラソン代表の重友梨佐選手は「悔しい思いをした(五輪と同じ)ロンドンで挑戦する」、4月から主将に就く小原怜選手は「先輩方が残してきた成果を受け継ぎ、上を目指す」と決意表明。武冨豊総監督は「地元への感謝を忘れず、地域に根付いたチームをつくりたい」と述べた。

 女子陸上部は1992年4月創部。五輪の女子マラソンには2000年シドニーの山口衛里、04年アテネの坂本直子、08年北京の中村友梨香、12年ロンドンの重友の各選手が出場し、世界選手権にも多くの代表を輩出。10年には全日本実業団対抗女子駅伝で初優勝を飾った。
カテゴリ:

【各種スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.