文字

岡山市長が女性活躍の事例紹介 東京でシンポ 「育休と昇任」で

女性の活躍を進めるための取り組みを報告する大森市長(左端)ら

 企業や自治体などのトップでつくる「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」メンバーによるシンポジウム(内閣府主催)が22日、東京都内で開かれ、大森雅夫岡山市長らが取り組みを報告した。

 SOMPOホールディングスの桜田謙悟社長らとの討論で大森市長は、女性の育児休暇取得が昇任に影響しないシステムづくりを説明。「管理職の女性が増えたことで、議論の厚みが増した」と強調した。

 同市岡山っ子育成局の中原貴美審議監は「女性の昇任が育児休暇で遅れるのは当たり前という固定観念があったが、市役所の空気は変わった」とした。

 約300人が出席。加藤勝信女性活躍担当相(衆院岡山5区)は開会あいさつで「女性活躍の機運をさらに高める鍵は、組織トップのコミットメント(関与)だ」と指摘した。

 同会は2014年6月、女性活躍に関する目標設定などを掲げた行動宣言を策定、2月末現在で143人が賛同している。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.