文字

元警察犬「きな子」死ぬ ドジぶり人気、映画化も

 香川県警の元嘱託警察犬「きな子」=2015年11月

 ドジぶりが人気を集め、映画化もされた香川県警の元嘱託警察犬「きな子」(ラブラドルレトリバー、雌14歳)が20日、同県丸亀市の丸亀警察犬訓練所で死んだと、同訓練所が明らかにした。人間なら90歳ぐらいで、老衰とみられる。

 6年連続で警察犬になるための試験に落ちた後、2010年の競技会でトップの成績を残し、翌年から約2年、嘱託警察犬を務めた。10年8月には、映画「きな子〜見習い警察犬の物語〜」(小林義則監督)が全国で公開され、話題を呼んだ。

 引退後は県警の「安全・安心まちづくり教育隊」の特別隊員として子ども向け安全教室などで活躍。高齢のため出動はなかった。
カテゴリ:

【くらし・話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.