文字

超音波内視鏡で膵臓がん早期発見 県内病院導入進む、人材育成が鍵

 がんが進行してから見つかる例が多く、生存率が極めて低い膵臓(すいぞう)がんの早期発見に有効な「超音波内視鏡」を用いた検査方法の導入が、岡山県内の医療機関で進んでいる。詳細な画像で膵臓を観察できる上、 ...

この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。
カテゴリ:

【医療・福祉】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.