文字

井原・嫁いらず観音院で春季大祭 高齢者らが無病息災祈る

聖観音大菩薩に参る参拝者

 井原市大江町の嫁いらず観音院で20日、春季大祭があり、岡山県内外から大勢の高齢者が訪れて無病息災を祈った。

 早朝から参拝したお年寄りや家族連れらは、大祭に合わせて開帳された本尊の十一面観音像、高さ約12メートルの石仏・聖観音大菩薩、本堂裏の樋の尻山に祭られた観音像に手を合わせたり、さすり観音の足や腰を触ったりしていた。

 同観音院は奈良時代の737年に僧・行基が開いたとされ、春と秋の彼岸には大祭を開いている。嫁の手を煩わせることなく健康に生涯をまっとうできる―との御利益で知られ、中四国地方から多くの参拝客が訪れる。

 この日は、地元のまちづくり組織と地域おこし協力隊員らが企画した「観音マルシェ」も開かれ、買い物客でにぎわった。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.