文字

「和」基調の新型観光列車を展示 岡山駅でJR四国がお披露目

鉄道ファンらが駆け付けた「四国まんなか千年ものがたり」の展示会=JR岡山駅

 4月から土讃線を走る観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の展示会が19日、JR岡山駅在来線ホームで開かれ、鉄道ファンらが一足早く「和」を基調にした新型車両の魅力に触れた。

 運行スタートを前に岡山でも広く魅力を知ってもらおうとJR四国が企画した。約200人が駆け付け、四季の移ろいをモチーフに緑、青、赤色などで塗り分けられた優美な外観をバックに記念撮影したり、四国産木材をふんだんに用いた内部を見学したりした。

 知人と訪れた岡山市、男性(67)は「和の情緒が四国ののどかな風景にマッチするだろうと感じた。一度は乗ってみたい」と話していた。

 列車(3両編成、定員57人)は多度津(香川県多度津町)―大歩危(徳島県三好市)間を9月までは月、金、土、日曜と祝日に運行する。全席指定。乗車券は全国のみどりの窓口などで販売する。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.