文字

愛犬と宿泊 真庭に旅館オープン 「わんこあん」、ペット温泉も

愛犬を連れた宿泊客をメインターゲットにオープンした旅館「わんこあん」の客室

 真庭市の下湯原温泉で13日、愛犬と泊まれる旅館「わんこあん」がオープンした。1日5組の限定で、客室にはペットが入れる温泉も備える。同旅館によると、ペット連れをメインに受け入れる宿泊施設は中四国地方では珍しいという。

 この日、オープニングセレモニーがあり、関係者約30人がテープカットなどで祝った。経営者の太田摩紀さん(43)は「温泉街に新たな客層を呼び込み、地域の活性化にも貢献したい」と話した。

 旅館は客室が3人部屋4室(各40平方メートル)と4人部屋1室(50平方メートル)。小型犬や中型犬なら1室2、3匹が泊まれる。全室に露天風呂があり、足湯は愛犬も入浴できる。飼い主が使うベッドには入れないが、ケージや食器、シーツを用意。室内を自由に動け、ロビーや食堂も一緒に歩ける。

 同市湯原温泉にある旅館で支配人をしていた太田さんが2015年に運営会社を設立。同社役員の所有地(約1300平方メートル)と木造平屋(約550平方メートル)の建物を賃借する。整備費は備品購入などを含めて約2億円。

 宿泊費は、3人部屋が1泊2食付きで1人2万8千円から。4人部屋は同3万1千円から。犬は小・中型が1匹2千円、大型は同3千円(餌代は別)。初年度は約7千万円の売り上げを目指す。

 17日から一般客を受け入れる。宿泊の問い合わせは「わんこあん」(0867―62―3730)。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.