文字

岡山駅前再開発 事業者にJV決定 JR西不動産開発など3社

岡山市北区駅前町1丁目地区で計画されている再開発事業の完成イメージ図。左がマンション棟、右がホテル棟、右奥が立体駐車場

 JR岡山駅東口で計画されている岡山市北区駅前町1丁目地区の再開発事業で、地権者らでつくる再開発準備組合が、核テナントとなるホテル整備を担当するJR西日本不動産開発(兵庫県尼崎市)などの共同企業体(JV)を、開発事業者として正式に決めたことが13日、分かった。

 JVは同社とマンション販売などの野村不動産(東京)、ゼネコンの奥村組(大阪)の3社。7日付で事業協力協定を結んだ。JVは昨年12月、JR西系列の高級ホテルとマンション、立体駐車場の3棟からなる計画を組合に示し、開発事業者に内定していた。

 予定地は岡山駅前商店街と市役所筋に面した約1ヘクタール(道路除く)で、映画館や貸しビル、駐車場などがある。

 構想では、ホテル棟は24階程度。宿泊中心の高級業態でスイートルームを設けるほか、コンベンション施設も確保する。マンション棟は28階程度。3棟とも低層階に物販や飲食、アミューズメントなどの商業施設が入る。3棟は2階部分をデッキで行き来でき、将来は駅舎と結ぶことも視野に入れている。

 準備組合は権利者40人・法人のうち約7割が加入し、昨年9月に発足した。今後は岡山市の都市計画決定を受けて再開発組合に移行し、早期の事業化を目指す。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.