文字

ヌンチャク所持の男性に無罪判決 高裁岡山支部、携帯目的に合理性

 乗用車内にヌンチャクを隠し持っていたとして、軽犯罪法違反罪に問われた浅口市の整体師男性(48)の控訴審判決で、広島高裁岡山支部は8日、科料9900円の一審玉島簡裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。「仕事の合間に趣味で練習するため」とする携帯目的の合理性を認めた。

 大泉一夫裁判長は判決理由で「現代ではヌンチャクは武道や趣味として適法な目的で使用されるのが一般的。被告が述べる携帯の目的には相応の合理性がある」とした。

 判決などによると、男性は中高生時代にカンフー映画のスター、ブルース・リーの影響を受け、通信販売で購入したり自作したりした木製や鉄製のヌンチャク3組を所有。2015年11月、出張中に備前市内のコンビニに止めた車の座席下などに3組を隠し持っていたとして起訴された。

 一審で男性側は「練習は整体師として必要な手首の鍛錬も目的だった。隠す意思はなかった」とも主張し無罪を求めたが、一審判決は携帯に正当な理由がないとした。控訴審判決を受け男性の弁護人は「正当な判決で評価できる」、広島高検岡山支部は「判決内容を詳細に検討し、適切に対応したい」とコメントした。

 軽犯罪法は正当な理由がなく、身体に重大な害を加えるような器具を隠し持つ行為を禁じている。
カテゴリ:

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.