文字

晴海の選手村改修などで500億 組織委試算、都が負担か

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が東京・晴海の選手村の整備を巡り、食堂などの仮設や大会後にマンションとして売り出すために必要な大規模改修の費用として、約500億円が必要との試算をまとめたことが17日、分かった。関係者によると、これらの経費は東京都の負担が想定されており、今後、調整する。

 昨年12月に組織委が示した仮設施設の整備費計2800億円のうち、都や国、自治体の負担が見込まれる2千億円の内訳が、大枠で都内の競技会場分が1千億円、都外の競技会場分が500億円、選手村関連費用が500億円となっていることも新たに判明した。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.