文字

障害者スキーで新田佳浩が3位 世界選手権ロング・クラシカル

ロング・クラシカル男子立位で3位に入った新田佳浩選手=ドイツ・フィンステラウ(日本障害者スキー連盟提供)

 障害者ノルディックスキーの世界選手権第5日は16日、ドイツのフィンステラウで距離のロング・クラシカルがあり、男子立位(20キロ)で新田佳浩(日立ソリューションズ、岡山県西粟倉村出身)が58分51秒6で3位に入った。レース後、新田は「朝から気温も高く、脱水症状も心配される状況だった中での3位は価値あるものだと思う。後半に順位を下げたのはリズムや技術的な問題で今後修正していきたい」とコメントした。

 優勝は58分3秒1のイホール・レプティウク(ウクライナ)だった。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.