文字

松永選手ら52人14団体表彰 岡山県トップアスリート賞

伊原木隆太知事(右)から表彰される松永仁志選手=岡山県庁

 2016年岡山県トップアスリート賞の表彰式が17日、県庁であり、リオデジャネイロ・パラリンピックで陸上日本選手団の主将を務めた松永仁志選手(WORLD―AC)ら52人14団体をたたえた。

 約100人が出席。松永選手やソフトテニスのアジア選手権ダブルスを制した上松俊貴選手(理大付高)らに伊原木隆太知事が賞状を手渡し、「県民に感動と勇気を与えてくれた。3年後の東京五輪にも、1人でも多くの選手が出場することを期待している」と激励。受賞者を代表し、リオ五輪の馬術に出場した原田喜市選手(蒜山ホースパーク)が「今後も岡山のスポーツ発展のために精進したい」と述べた。

 国際大会や全国舞台で活躍した選手らが対象で内訳は栄誉賞6人、優秀賞45人14団体、功労賞1人。この日は県スポーツマスターズ賞2人と県生涯スポーツ功労者の3人2団体も表彰された。
カテゴリ:

【各種スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.