文字

図面や建築模型でまちづくり提案 岡山科技専門学校生が作品展

学生が考案した建物のデザインや模型が並ぶ会場

 岡山科学技術専門学校(岡山市北区昭和町)で建築を学ぶ学生の作品展が17日、山陽新聞社さん太ギャラリー(同柳町)で始まった。岡山カルチャーゾーンのにぎわい創出や、景勝地に立つ住宅などをテーマに考えた建物のデザイン、模型を披露している。19日まで。

 建築工学科と建築工学研究科の計40人が平面図と解説を記したパネル36点、模型26点を展示。岡山カルチャーゾーンの一角・同出石町に日本文化の体験空間を設けた旅館を建設する案、笠岡諸島・北木島などへのフェリーが発着する伏越港(笠岡市)に買い物や宿泊ができる大型施設を整備するアイデアなどが紹介されている。

 建築を学ぶ県内の学生らと取り組んだ浅口市の空き屋を活用したまちづくりプロジェクトの紹介もあり、来場者が見入っている。

 移転する岡山市民会館の場所に、ガラス張りのチャペルを備えた結婚式場を設ける案を示した建築工学科2年生(20)は「式の参列者に観光もしてもらえる好立地。明るく幸せな場所になるよう工夫した」と話していた。

 午前10時~午後6時(最終日は同3時)。入場無料。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.