文字

岡山県が東京アンテナ店情報報告 商品に首都圏消費者の声反映を

出品者が事例を紹介したアンテナショップの報告会

 岡山県は17日、東京・新橋のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」への出品希望者らを対象に、運営状況などの情報を提供する報告会を岡山市内で開き、出品者が、首都圏の消費者の声を販売や商品開発に役立てていることなどを紹介した。

 県内の業者ら約100人が参加。試験的に商品を約1カ月間販売できる「チャレンジ商品制度」を利用し、県産黒豆を使ったティーパックなどを販売した製茶問屋・甲修園(倉敷市)の甲田博豊社長は「購入者アンケートから個包装など改良を図っている」と話した。トマトなど鏡野町産野菜を週1回出品している未来奥津(同町)の森本博一次長は、同館と連絡を取り合って顧客ニーズを把握しながら出荷しており、売り上げが好調なことを報告した。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.