文字

高梁市図書館「おはなし会」再開 子どもに本の魅力伝える

再開したおはなし会で、物語を親子連れに語り聞かせるおはなしたまてばこのメンバー(左)

 高梁市図書館(旭町)で、旧高梁中央図書館(向町)で開かれていた催しの一つ「おはなし会」が再開した。市内の読書ボランティアグループが物語を語り聞かせるストーリーテリングの上演を中心に、新しくなった読書の拠点で、本の魅力を子どもたちに伝える。

 旧図書館では、おはなし会をいずれも市民らでつくる「おはなしたまてばこ」が毎月第2土曜に、「ふきのとう」が不定期に開催。昨年8月末の閉館後はいったん中止して、2団体とも市内の保育園、幼稚園、小学校に出向いて続けていた。

 市図書館開館後、初のおはなし会は11日にあり、たまてばこのメンバー4人が市内外の親子連れ約30人にストーリーテリングと読み聞かせを披露。「だんまりくらべ」など3話を情感たっぷりに語り、絵本「おこってるんだからね」を読み聞かせた。真庭市立上水田幼稚園の女子園児(5)は「知っているお話も聞けて楽しかった」と笑顔を見せた。

 たまてばこの常浦美和子代表(50)=高梁市=は「新しい図書館で利用者も増えている中、活動を通じて子どもが本に親しむ機会を広げられるようにしたい」と話している。

 今後もたまてばこは毎月第2土曜、ふきのとうは3月以降に活動する予定。問い合わせは市図書館(0866―22―2912)。
カテゴリ:

【くらし・文化】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.