文字

チェアマンもちょいワル風に!Bリーグのイメージ戦略

“逆境”ともいえる現場で働くビジネスパーソンに話をきくこの連載。前回に続いて、「Bリーグ」の広報を務め、“攻めの広報”とも呼ばれる経沢希志子さんを直撃!

【もっと大きな画像や図表を見る】

●FOXEY、楽天… 偉大な経営者に学んだ


経沢さんのこれまでのプロモーション施策のなかでも、とくにユニークなのが、大河正明チェアマンのファッションを“ちょいワル”風に変えさせたということ。新卒勤めたファッションブランド「FOXEY」での経験が生きているようだ。

「FOXEYでは、『ブランドの世界観をつくりあげる』っていうことがめちゃめちゃ大変なんだ、ということを学びました。オーナーデザイナーの前田義子さんは、服が与える印象をすごく大事にしている方。顧客に与えるイメージについて教えていただきました。大河チェアマンも、これまでの経歴のような仕事だったら(大河氏は三菱UFJ銀行を経てJリーグ理事を務めた)、それまで通りのイメージでよかったと思うんですけど、『Bリーグの革新的なイメージを増幅させるには…』と考えて提案しました。

でも、言うのはちょっとドキドキしたんですよね(笑)。ファッションの否定って、その人の今までを否定することですし。快くOKしてくださってよかったです。最初はメディアに出るときの服をセレクトしていたんですが、最近では『私服も選んでよ〜』って言ってくるんです(笑)」

経沢さんはFOXEYを退職したのち、1999年9月に楽天へ入社する。「大変なんて思ったことない、楽しかった!」と語る楽天時代に学んだことを、教えてもらった。

「それは『想像力を大事にする』こと。三木谷(浩史)さんのメールって短いんですよ。ある日来たメールには『アンテナショップやりたい』しか書いてない。アンテナショップって言ったって、それがネットなのか、リアルなのか、リアルなら場所はどんなところなのか…。いろいろこっちが考えるしかないんですね。しかも忙しい方だから、ミーティングの時間は『2週間後に15分』。その15分で方向性を決めないといけないから、こういう話になったこういうことを言おう、っていうのを全部想像しておくんです。ダメならその場で『ザッツオール、センキュー』。その2週間の努力は…(笑)。いい訓練だったなと思いますね」

「楽天市場」の広報担当を務めるなど、楽天には結局13年在籍した。

「社員が40人から1万人に増える過程をすべて見られたんです。最初はネットショップしかなかったのが、カード、銀行、証券、野球…。どんどん大きくなっていって『会社ってすっごいな』って」

●いまが“ゼロ”なことはチャンス ポテンシャルは必ずある


「会社ってすごい」という経沢さんは、現在の組織についても「一緒に働く仲間がいい」と断言する。

「みんなが同じ方向を向いているんですよ。素人の私が何か言うと、とりあえず考えてくれる。『やってみな』という文化があるんですね」

そんな、一丸となっている“チーム・Bリーグ”。他の魅力的なスポーツコンテンツとの戦いにおいて、勝算はどんなところにあるのだろうか?

「マイナースポーツという扱いですけど、日本のバスケの競技人口はサッカーについで2位。『来場意向者数』、つまり来てみたいと思っている人も、サッカー1500万人に対してバスケは700万人。半分ぐらいはいるんです。でも実際に試合会場に来ている人は、サッカーの10分の1。これはおかしいなあって思っていて。きちんとデジタルとかSNSを活用して、仕組みさえつくればポテンシャルはあるはずなんです。

たとえば野球やサッカーは、チームやクラブごとにチケット販売などのマーケティングデータを管理していますが、Bリーグは全体で共通のデータベースになっている。アルバルク東京のチケットを買った人が、翌日琉球ゴールデンキングスのチケットを買ったとか、どこのファンクラブに入っているとか…。この辺の分析はこれからですね」

経沢さんは“ハンデは感じていない”と、強気かつポジティブな口ぶりだ。

「むしろ、全部ゼロからつくりあげることができるチャンスなんです。これからBリーグに人気が出て、さらに日本代表チームが強豪国と戦って、日本中の人たちが応援してくれる。それを想像するとワクワクしますね」

ちなみに、経沢さんの日々のモチベーションの源をきくと「食事とお酒」とのこと。Bリーグの試合会場でもお酒は飲める?

「それが、会場によって飲めるところと飲めないところがあるんですよ! 飲めるようにしたいんです。それはもうデフォルトですよねえ。

Bリーグの会場は屋内ですから、雨でも寒くても大丈夫。ということは、オシャレして来ている、キレイな女子が多いっていうこと。これは男性ビジネスマンの皆さんにもアピールできるポイントですね(笑)」
(天野俊吉)

(R25編集部)

※当記事は2017年02月16日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
チェアマンもちょいワル風に!Bリーグのイメージ戦略はコチラ

※コラムの内容は、R25から 一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております


男性社員必見! 同僚女子から不評なボディケアTOP10

仕事のやりがいは? 裏方系職種49%が「感じない」

「38度の熱でも出社」55% 「日本ブラック」と話題

「時短したいけど実際ムリ!」なタスク、1位は…

Bリーグ“素人”広報はなぜWebで若者の心つかめる?
R25

【R25】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.