文字

高梁市図書館 もう旧館1年分来館 3万人超え、年間目標上回る勢い

予想を大きく上回る来館者が訪れている高梁市図書館。自習する学生の姿も見られる3階の屋内テラス席=16日

 岡山県内の公共図書館として初めて民間企業が運営を担う高梁市図書館(同市旭町)の来館者数が、開館8日目で2万3399人となり、旧高梁中央図書館の年間来館者数(2015年度2万3182人)を超えた。開館11日目となる14日には3万人も突破し、目標の年間20万人を大きく上回る勢いを見せている。

 藤井勇館長(66)は「従来午後5時だった閉館時間が午後9時まで延び、気軽に利用できる児童書フロアや学習室も人気。駅に直結しているため、市外からの来館も多いようだ」と話している。

 市図書館は今月4日にオープン。市教委社会教育課によると初日は4590人が訪れ、15日現在で来館者数は3万2354人、貸出冊数は1万2175冊となっている。

 市は旧図書館の老朽化に伴い、中心部のJR備中高梁駅隣に複合施設を建設、新図書館は2~4階に入った。指定管理者はレンタル大手TSUTAYAの運営会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ(本店大阪)で、2階のカフェ・スターバックス、蔦屋書店、観光案内所も運営している。いずれも年中無休。

 同社は高梁市図書館のほか、佐賀県武雄市、神奈川県海老名市、宮城県多賀城市の3公共図書館を運営。このうち開館時の人口が高梁市(約3万2千人)と一番近い武雄市(約5万人)の来館者数は、開館7日目で3万人に到達した。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.