文字

岡山城天守閣入場30万人を突破 16年度、訪日ブーム追い風

西専務理事(左)から記念品を受け取るリーさん

 岡山城天守閣(岡山市北区丸の内)の2016年度の入場者数が8日、30万人を突破した。同市内で大型観光企画やイベントが相次ぎ、訪日ブームによる外国人観光客の増加も追い風となって、1975年度以来、41年ぶりに30万人を超えた。

 30万人目は、夫婦で香港から観光で訪れ、午前10時すぎに来場した主婦のマギー・リーさん(43)。天守閣入場口でセレモニーがあり、おかやま観光コンベンション協会の西正尚専務理事から記念品として烏城彫りの飾り盆を贈られた。リーさんは「幸運に感謝している。天守閣からの眺めが見事で、香港の友人に勧めたい」と話していた。

 16年度の入場者数は当初から好調に推移。県とJRグループがタイアップした大型観光企画「デスティネーションキャンペーン」(4~6月)が始まった4月は約3万3千人で、前年同月の2倍。同市中心部で現代アートの国際展「岡山芸術交流」が開かれた10、11月はともに30%を超える伸び率となった。

 外国人入場者数は3万7826人(1月末時点)で、統計を取り始めた04年度以降、既に過去最多を突破。昨年7月に岡山空港発着の国際定期便が就航した台湾からの観光客が多いという。

 1966年11月に再建された天守閣の入場者数は、山陽新幹線が開通した72年度の43万9884人が最多で、75年度までは“開通効果”が続いて30万人を超えた。近年は10万人台で推移していたが、2014年度から県と連携して、後楽園とイベントの同時開催をするといった取り組みを進めて増えている。

 市観光コンベンション推進課は「城の魅力アップを図り、引き続き誘客拡大に努めたい」としている。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.