文字

岡山、総社市長「LRT化重要」 会談で認識共有

大森岡山市長(手前)と会談する片岡総社市長(右端)

 大森雅夫岡山市長と片岡聡一総社市長は28日、岡山市内で会談し、両市を結ぶJR吉備線で導入を検討するLRT(次世代型路面電車)について、高齢化が進む中で重要性が一層高まるとの認識をあらためて共有した。

 岡山市が近隣市町と順次開いている首長同士の懇談会の一つ。双方の副市長らを交え、非公開で話し合った。

 LRTは低床車両で運行本数を格段に増やせる点が高齢者らに優しいとされる。吉備線での導入検討は、両市にJR西日本を加えた3者で、議論のたたき台となる計画素案をまとめる方針。会談終了後、片岡市長は3者のトップ協議の開催時期について「できるだけ早期の実現をJRに呼び掛けている」と説明した。

 両市長によると、お互いの市境近くにある造山古墳や千足古墳(いずれも北区新庄下)、鬼ノ城(総社市)といった歴史スポットを生かし、観光振興で連携することでも合意した。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.