文字

晴れの国岡山駅伝26チーム出場 29日、百間川ランニングコース

 岡山県内の市町村がチームを組み、9区間42・195キロで争う「第6回晴れの国岡山駅伝」(29日・岡山市=岡山陸協主催、山陽新聞社共催)の実行委員会が11日、岡山市内であり、15市6町から計26チーム、337選手のエントリーが決まった。

 出場チームは昨年と同じで増減はなし。主な有力選手では、先の箱根駅伝を走った小松巧弥(日体大、倉敷市旧倉敷)、2015年の日本学生対校選手権女子3000メートル障害を制した三島美咲(松山大、井原市)らが、出身中学の所在地から出場できる「ふるさと選手」として登録。実業団からは男子の監物稔浩(NTT西日本、総社市)大隅裕介(JR東日本、瀬戸内市)、女子の西脇舞(天満屋、岡山市東区)らが名を連ねた。昨年末の全国高校駅伝で県勢男子初の優勝を飾った倉敷高や女子の興譲館高の選手も出場する。

 レースは岡山市の百間川ランニングコースで行われ、午前11時に同中区原尾島の百間川橋付近をスタート。河川改修に伴い、昨年とはコースが変わる。大会は地域の一体感醸成やジュニア層を含めた競技力の底上げを目的に12年に創設され、中学、高校、一般の男女混合でたすきをつなぐ。

◇…出場チーム…◇

 岡山市中区、同東区、同南区、同北区、倉敷市旧倉敷、同玉島・船穂・真備、同児島、津山市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、美作市、浅口市、和気町、矢掛町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町
カテゴリ:

【各種スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.