文字

わいせつ画像製造の男を最終送検 容疑で岡山中央署

岡山中央署

 インターネットで知り合った少女にわいせつな画像を撮らせて送信させたなどとして、岡山中央署は6日、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造、提供)などの疑いで、大阪市鶴見区今津中、無職奥田幹夫容疑者(38)=両罪などで公判中=を最終送検した。

 送検容疑は2014年9~10月、ネットゲームの掲示板で知り合った中学生女子を脅し、20回にわたりわいせつな画像を撮影させて奥田容疑者のスマートフォンに送らせたのをはじめ、昨年2月まで岡山、東京、大阪など6都府県の10代女子9人を相手に同様の手口を繰り返し、画像の一部を広島県内の男性3人に100~500円で売るなど計23件の犯行を重ねた疑い。

 同署によると、自宅の家宅捜索で押収したパソコンや携帯電話から100人以上のわいせつ画像を確認した。「100人以上に販売し、約200万円を得て生活費に使った」と供述している一方、脅して画像を撮影させたことに伴う計8件の強制わいせつ容疑については「納得できない」と否認している。
カテゴリ:

【事件・事故】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.