文字

岡山市がネットイラスト無断使用 催し案内など、職員6人厳重注意

 岡山市は20日、著作権がある有料のイラストをインターネットでダウンロードして、業務で無断使用していたと発表した。市は著作権の管理会社(京都市)から使用料を請求されており、応じる方向で調整する。

 市によると、無断使用していたのは地域ケア総合推進センター(同北区北長瀬表町)と公民館1カ所。同センターは2013年11月から親子、公民館は16年5月から老夫婦のイラストをイベント案内や講座募集のちらしなどに使い、ホームページにも載せていた。

 11月上旬に管理会社が市に照会して発覚。いずれも職員が「無料」「イラスト」のキーワードで検索して見つけ、無料で使えると思っていたという。使用料の請求額は、それぞれ数十万円に上っている。

 同市は確認が不十分だったなどとして、担当職員2人と上司の計6人を口頭で厳重注意。20日には同じようなケースがないか全部局に点検を指示した。同市は「著作権を率先して保護すべき職員がこのような事態を招き、おわびする」としている。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.