文字

若者を性感染症から守るには 岡山で4日に市民公開講座

 若者を中心に梅毒などの性感染症が増える中、性の健康医学財団(東京)は4日午後4時から岡山市北区駅元町の岡山コンベンションセンターで市民公開講座「若者を性感染症から守るために」を開く。入場無料。

 3、4日、同所で開かれる日本性感染症学会学術大会に合わせて企画。徳島大大学院の田中祐子准教授が「高校生の性感染症予防知識・態度・予防行動と学校における性教育」、ウィメンズクリニック・かみむら(岡山市)の上村茂仁院長が「若者の性感染症とその予防教育~クリニックの現場から」と題して講演するほか、フィリピン、タイ、インドネシアの専門家が各国の取り組みを紹介する。

 問い合わせは同大会運営事務局のメッド(086―463―5344)。
カテゴリ:

【医療・福祉】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.