文字

中国で「OKAYAMA」商標出願 香港の会社、県が異議申し立て

 岡山県は21日、中国で香港の会社が「OKAYAMA」を商標出願したため、中国商標局に異議を申し立てたことを明らかにした。これとは別に「岡山」を示すローマ字、中国語で5件が商標登録済みであることも確認。県は、県内の企業が岡山という名称を中国で商品、企業名に使えなくなる恐れがあるとして、登録の無効を求めるなどの対応を検討する。

 県によると、今年9月、同局のホームページの情報から農産物の商標登録状況を調べる中で、「OKAYAMA」の商標が昨年10月にテレビ、カメラなどの電子機器を対象に出願されていたことが分かった。

 県商工会議所連合会や県商工会連合会、県中小企業団体中央会と対応を協議。同局が異議を受け付ける公告を行っていたことから、県と3団体が共同して21日付で「中国の商標法で登録できない公知の外国地名である」として異議を申し立てた。結果は1年以内に通知されるという。

 登録済み5件は、荷物の積み降ろし装置など機械関係の部品や会社名で、中国の4社が2009年3月~15年12月に出願。現時点では県内企業とのトラブルなどは報告されていないという。

 県産業振興課は「早めに手が打てるように中国商標局のホームページを定期的にチェックし、監視を強めたい」としている。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.