文字

三菱自 軽2車種7月1日販売再開 国交省に燃費修正値届け出受け

 三菱自動車が燃費不正問題により販売を停止している軽自動車の「eKワゴン」と「eKスペース」について、7月1日から全国で販売を再開することが29日、分かった。

 不正問題が発覚した4月20日以降、同社が燃費データを改ざんしていた両車種と、日産自動車向けに供給している軽自動車「デイズ」「デイズルークス」の計4車種は販売を停止中。三菱自水島製作所(倉敷市)での生産もストップしているが、同社が6月21日、国土交通省に燃費の修正値を届け出たため、生産・販売が再開できるようになった。

 岡山県内11店舗を管轄する西日本三菱自動車販売岡山営業本部(岡山市北区今)は7月1日午前10時から販売を再開する。正しい燃費値を表示したカタログや展示車の用意が間に合わないため、当面は口頭やタブレット端末で接客するという。

 同本部は「注文をいただきながらも、お届けできていない顧客への対応を急ぐとともに、できるだけ早く従来の販売体制に戻したい」としている。

 三菱自水島製作所は同4日、軽4車種の生産を再開する。製造ラインに問題がないか確認しながら徐々に稼働率を上げていく計画で、生産が本格化するまでは、販売店にある在庫などで対応する。

 日産は、デイズとデイズルークスの販売を7月1日に再開することを既に決めている。
カテゴリ:

【三菱自問題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.