文字

県内のリンゴ病患者が最多ペース 妊婦感染は流産や死産の恐れ

 頬や体が発疹で赤くなり、風邪のような症状が出ることもある伝染性紅斑(リンゴ病)の岡山県内の患者が今年、過去10年で最も多いペースで推移している。症状は軽微な例が多いが、妊婦が感染すると流産や死産の恐れがあり、県が注意を呼び掛けている。

 リンゴ病は「ヒトパルボウイルスB19」というウイルスがせきやくしゃみを介して感染し、頬や腕、足が赤くなるほか、頭痛や関節痛が生じることもある。2011年の国の調査では、胎児に感染した妊婦69人のうち約7割の49人が流産、死産していた。

 県健康推進課によると、定点調査している54医療機関(小児科)で確認される患者は昨年12月から増え始め、今年1月から6月19日までの累計で497人、1医療機関当たり9・2人。過去10年で最多だった08年の同時期(485人、8・98人)を上回っている。週単位でみた最新患者数(13~19日)は1医療機関当たり0・44人で、保健所別では真庭2人、倉敷市1人が多くなっている。

 リンゴ病は感染力が弱く、大抵は自然に回復する。ただ、発疹が出るより前の微熱やせきなど風邪のような症状の時に最もウイルスが排出されるため、気づくのが遅れたり、頬の発疹が少ない成人では感染自体を自覚しなかったりするケースがあるという。

 県健康推進課は「妊婦は風邪の症状がある人になるべく近づかず、家族が感染した場合は必ず産婦人科に相談してほしい」としている。
カテゴリ:

【医療・福祉】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.