文字

皇后さま「ねむの木」展へ 障害者の作品鑑賞

 女優の宮城まり子理事長(右)の案内を受けて「ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展」を鑑賞される皇后さま=27日午後、東京都中央区(代表撮影)

 皇后さまは27日、東京都中央区の東京銀座画廊・美術館を訪れ、手足や体の不自由な人々が暮らす養護施設「ねむの木学園」(静岡県掛川市)が催している展覧会「ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展」を鑑賞された。

 学園理事長で女優の宮城まり子さんが車いすに乗りながら案内。皇后さまは絵画などの作品を見て「きれいね」と感心した様子だった。学園の人々が、皇后さまが高校生の頃に作詞した曲「ねむの木の子守歌」の合唱を披露すると、皇后さまも笑顔で口ずさんでいた。

 ねむの木学園は、肢体が不自由な子どものために国内で初めて作られた養護施設。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.