文字

9、10月に津山国際総合音楽祭 3年ぶり開催、多彩なステージ

 津山市で3年ぶりに今秋開かれる「第9回津山国際総合音楽祭」(市、津山商工会議所などでつくる同祭委員会主催)の詳細なプログラムが決まった。クラシック、ジャズ、沖縄民謡…。国内外の一流指揮者や奏者、市民グループが津山文化センター(同市山下)、ベルフォーレ津山(同市新魚町)などを会場に計22の多彩なステージを繰り広げる。

 9月13~28日と10月4~19日の週末を中心に開催。9月14、15日は人気女性指揮者の西本智実さんがタクトを振る名曲クラシックコンサート、23日には音楽祭のテーマ作曲家グスタフ・マーラー(1860~1911年)の交響曲第6番を関西フィルハーモニー管弦楽団が演奏する。このほか、20日はベルリン・フィルハーモニー弦楽五重奏団、27日は米国のジャズバンド「カウント・ベイシー・オーケストラ」が登場する。

 10月はアマチュア公演が主で、5日の日本音楽コンサートは、津山市内の邦楽団体をはじめ、市の姉妹都市・沖縄県宮古島市から招いた民謡歌手と美作大沖縄県人会のエイサーが競演。最終日の19日は市民劇団「きんちゃい座」が津山にかつてあった動物園の実話を基にしたミュージカルを披露する。

 同祭委員会は「プロは普段お目にかかれない豪華な顔触れ。心ゆくまで音楽に親しんでもらえれば」としている。

 チケットなどの問い合わせは同祭委員会(0868―24―7744)。
カテゴリ:

【おでかけ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.