文字

都道府県対抗男子駅伝 岡山14位 昨年の23位から順位上げる 

 第21回全国都道府県対抗男子駅伝は24日、広島市の平和記念公園前発着の7区間48キロで行われ、愛知が2時間20分12秒で15年ぶり2度目の優勝を果たした。

 岡山は2時間22分49秒で14位となり、昨年の23位から順位を上げた。

 2区終了時点で8位だった愛知は、4区の三輪軌道(愛知高)が区間1位の走りでトップに立ち、5区以降は危なげなく逃げ切った。17日の全国都道府県対抗女子駅伝を制しており、アベック優勝となった。

 地元の広島が31秒差の2位で5年ぶりの表彰台に立ち、3位は昨年優勝の埼玉。香川は40位だった。
カテゴリ:

【各種スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.