文字

ニシキゴイ? いえフナです 真備で発見の住民「吉兆かも」

ニシキゴイのようなフナ

 倉敷市真備町下二万の奥田池で、ニシキゴイのようなフナ(体長約40センチ)が見つかった。頭や背は金色、腹の辺りは白っぽく、黒いしま模様が入っている。昔からフナを捕り、フナ飯にして味わってきた地域住民も「こんな色や模様は初めて」と驚いている。

 住民らが今月、池の水を抜き、底にたまった泥を取り除く「池干し」を約30年ぶりに実施。水が減った池でフナを捕っていた竹原昇さん(69)=同市=が、多くの魚の中で、ひときわ目立っているのを見つけた。

 倉敷市立自然史博物館(同市中央)の江田伸司学芸員は「もともとは黒っぽい色の一般的なフナが、長年生きているうちに体表のメラニン色素が減ったのでは」と説明。竹原さんは「新年の吉兆かも…」と当面、知人のいけすで育てるという。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.