文字

中山間に新交通体系、美作で計画 トヨタの財団 2団体に2.2億円

美作市上山地区に導入が計画されるコムス

契約書を交わした(右から)早川事務局長、猪野代表理事、石原代表執行役

 トヨタ自動車が設立した一般財団法人「トヨタ・モビリティ基金」(理事長・豊田章男社長)は25日、美作市上山地区で超小型電気自動車(EV)を活用して中山間地域の新たな交通体系構築を目指すNPO法人2団体に、総額2億2千万円を助成すると発表した。事業は2016年1月にスタート。同基金が国内の団体に助成するのは初めて。

 「中山間地域の生活・経済活性化のための多様なモビリティ導入プロジェクト」で、上山地区をモデルに、過疎高齢化や傾斜地が目立つ地域での生活維持に向けた移動手段の在り方を探る。現地で棚田の再生を図る「英田上山棚田団」(美作市)、中山間地域の課題解決に取り組む「みんなの集落研究所」(岡山市)の2NPO法人が実施主体で、岡山大や美作市も協力する。

 計画では、1人乗りで小回りが利くトヨタグループの超小型EV「コムス」を最大で50台前後導入し、地区内に駐車スペースを複数確保。カーシェアリングの要領で住民が日常生活、農作業時の足として利用する。観光客向けの貸し出しも行うほか、高齢者らが安心して使えるように自動運転の社会実験も視野に入れる。

 期間は19年9月までの3年9カ月で、助成金はコムスの購入や調査、人件費などに充てる。基金側のスタッフも定期的に現地入りし、用途に応じた車両の改良や専門的な助言を行う。

 基金は、NPO活動が盛んな上山地区に今春から注目。意見交換を重ね、計画の立案能力や実施態勢を評価して助成先に選んだ。

 25日に現地の観光施設で調印式があり、基金の早川茂事務局長(62)は「地域再生にかける地元の熱意を感じた。住民生活の安定、経済の活性化に向け、支援していく」と述べた。

 棚田団の猪野全代代表理事(62)は「みんなが豊かに暮らしていける地域づくりを進める」、集落研究所の石原達也・代表執行役(38)は「中山間地域で生活の足の確保は大きな課題。解決策を見つけ出し、他の地域に広げていきたい」と話した。

ズーム

 トヨタ・モビリティ基金 人やモノのスムーズな移動に取り組む団体などを支援するため、トヨタ自動車が2014年8月に設立。これまでタイ・バンコク、ベトナム・ダナン市内の交通渋滞緩和に向けたプロジェクトに、計約7億5千万円を助成することを決めている。

 上山地区 美作市南部に位置し、かつては急傾斜地に8300枚もの棚田があったとされる。11月現在の人口は225人で10年前より52人減り、高齢化率は6・01ポイント増の43・55%となっている。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.