文字

「ハンスの冒険」倉敷で復活上演 チボリの人気ミュージカル

ミュージカル「ハンスの冒険」の復活上演を楽しむ親子連れ

倉敷チボリ公園時代と同様に躍動感あふれるステージ

 また会えたね―。2008年末閉園の倉敷チボリ公園で生まれ、親しまれていたミュージカル「ハンスの冒険」が、元スタッフの手で“復活”。22日から、公園跡地の商業施設「アリオ倉敷」(倉敷市寿町)で始まった催しで上演されている。

 ハンスの冒険はアンデルセン童話をモチーフとし、1997年の開園時に誕生。母を探す少年ハンス、カエル、ブタの王様による冒険を通し、友情や勇気の大切さを描き、公園の目玉の一つだった。

 閉園後は県内では2011年に岡山、倉敷市で各2日間演じられたのみ。再上演を望む声を受け、元従業員らでつくる社団法人「チカク」(倉敷市)が、スペースや出演者数に制約があっても魅力を損なわずに演じられるよう再構成した。

 22日は3人で上演。親子連れら100人以上が集い、ハンスが元気いっぱいに登場すると、大きな拍手で迎えた。チボリ時代同様に躍動感たっぷりの舞台を披露。ファンだったという倉敷市の主婦(44)は「感動した」と笑顔を見せた。

 チカクの赤木美子代表理事は「多くの人に喜んでもらえ、作品の素晴らしさを再認識した」とし、不定期でも上演の継続を考えている。

 今回は「倉敷まちづくりびと展」(同市主催)の一環で、25日までの期間中に正午と午後2時半から上演。同展では市民による地域づくり活動を紹介するパネル展示などもある。
カテゴリ:

【おでかけ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.