文字

中心市街地活性化で連携確認 知事、岡山市長が会談

意見を交わす伊原木知事(左)と大森岡山市長=同市役所

 伊原木隆太知事と大森雅夫岡山市長は27日、同市役所で会談し、今秋のJR岡山駅南での大型商業施設・イオンモール岡山開業に向け、県都の顔となる同市中心市街地の活性化で連携していくことを確認した。

 市長は、年間2千万人超と見込まれる同施設の来店客を徒歩主体でまちなかへ誘導し、活力創出を図る「政策パッケージ」を2014年度一般会計当初予算に盛り込んだことを説明。「にぎわいを市街地全体へ波及させたい。県も市の施策を支援してほしい」と求めた。知事は「車中心から歩いて楽しめるまちへ変えることは重要であり、県も協力する」と答えた。

 今秋に同市内で開かれる「ESD(持続可能な開発のための教育)に関するユネスコ世界会議」で、同市が県内の他市町村に参加要請していることについて、県が後押しすることも確認した。

 終了後の会見では、来年秋に県、市などが主催する「おかやまマラソン」で、渋滞の懸念が指摘されていることについて「県警と相談しながら、地域住民に不便をかけないよう問題を解決していきたい」と口をそろえた。

 伊原木知事、大森市長は定期的に会談の場を設けることにしており、13年11月に次いで2回目。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.