文字

倉敷の嘱託犬 不明者発見に貢献 中国管区警察局が表彰、指導者も

中国管内で最も活躍したとしてメダルを贈られるバルタ号

 倉敷市の警察嘱託犬「バルタV(フォン)フォルシェン号」(シェパード、雌8歳)と指導者でイ草製造販売業の岡祐一郎さん(53)=同市=が17日、2014年に中国管区警察局管内で最も活躍したとして表彰を受けた。

 バルタ号は、2008年ごろから嘱託犬として岡さんと活動。昨年は倉敷、水島、総社署の管内で、行方不明者の捜索を中心に20回以上出動した。4月に倉敷市内で行方が分からなくなった高齢者など2人の不明者発見に貢献した。

 倉敷署で贈呈式があり、同警察局の渡辺浩児広域調整第一課長が「警察活動に貢献いただき、ありがとうございます」とメダルや感謝状を贈呈。岡さんは「大変励みになる。今後もバルタと一緒に社会の役に立ちたい」と話していた。
カテゴリ:

【地域社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.